« ライフの日常~出迎え | トップページ | 中国の日常~霧 »

2014年9月10日 (水)

中国の日常~フライト

中国の航空便はよく遅れます。
今回も、出発が2時間遅れ、乗り継ぎができなくなりました。
この程度の遅れはあたりまえなので、「またか.......」程度
しかし、今回はなぜかこんなものが配られました。

Img_20140909_091120

お食事券

フライトまで限定でしたので早速使いました。
Img_20140909_093002001
アボガドホットドッグとアイスコーヒーで970円(税込み)分きっちりと。

乗り継ぎ地の北京でちょっとした出来事がありました。
羽田からのフライト遅延に伴い、乗り継ぎ便の変更手続きが必要です。
通常は、荷物を受け取り、乗り換え窓口で再度荷物を預ければ完了です。

乗り継ぎに間に合わない場合は、
1. 一旦ロビーにでる
2. 3F(到着ロビー)から4F(出発ロビー)に上がる
3. チケットカウンタでチケットを変更する
4. チェックインカウンターで荷物を預け新しい搭乗券を発行、受け取る
初めてだと戸惑いますが、何度か経験しているのであまり心配はありません。

今回は、3の後親切な空港職員が4まで案内してくれました。しかも行列ができているカウンターをスルーして、直接窓口まで案内されました。

遅れたお詫びに優遇してくれるのかな、と思っていたら違いました。

手続き終了後、お金を要求するのです。
よくよくみると航空会社の職員とは別の制服、とくに名札もつけていませんでした。
「No Chinese money !」

と支払いを拒否すると、
「日本円でOK」とのこと

拒否すると、自分の搭乗券をもって立ち去ろうとします。
なんとか、捕まえ渋々1000円渡すと、
「2枚2枚!」
と調子に乗ってきます。

頭にきて、チケットを奪い返しその場を離れました。

中国人は侮れません。
気をつけましょう。

« ライフの日常~出迎え | トップページ | 中国の日常~霧 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491969/57336966

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の日常~フライト:

« ライフの日常~出迎え | トップページ | 中国の日常~霧 »